テスラ、モデルSとモデルXを値下げ、後者は連邦税額控除の対象となる

1 min read

別の日には、テスラの価格が再び変動しました。同社は、新しい価格を反映するために米国、ヨーロッパ、中国のコンフィギュレーターを更新したところです。米国では 15% から 19% の間で減少していますが、落とし穴があります。両モデルの標準範囲構成は提供されなくなりました。良いニュースは、両方のモデルのデュアル モーター構成が、以前の標準範囲オプションよりもさらに安価になったことです。

現在入手できる最も安いモデル S の価格は、米国で 74,990 ドル、ヨーロッパで 101,930 ドルです。 WLTPによると、これはデュアルモーター、全輪駆動、航続距離394マイルを備えた100kWhのバッテリーパックだという。

一方、モデルXは現在、100kWhのバッテリーパックを搭載し、WLTP基準による推定航続距離367マイルを備えた同じデュアルモーターAWD反復で7万9990ドルを要求している。そして、これは SUV であり、米国における SUV の基準である 8 万ドルを下回っているため、7,500 ドルの税額控除が全額適用されるようになり、更新された EV 税額控除の対象となる一部の顧客にとってはモデル S よりもさらに安くなります。残念ながら、モデルSは依然として標準車の上限である6万ドルを超えています。ヨーロッパでは、モデル X の価格は 107,304 ドルです。

両方の車両の最上位の Plaid オプションも安価です。モデルSは両モデルともに米国では10万8490ドルから8万9990ドルに値下げされる。ヨーロッパでの価格はモデルSが11万8020ドル、モデルXが12万3390ドルとなっている。

2023-09-02 00:35