スパイショット:ヒュンダイはダチアの春に挑むために今年キャスパーEVをヨーロッパに持ち込む

1 min read

今年末にかけて、ヒュンダイは欧州でキャスパー・エレクトリックを発売する予定だ。キャスパーは同社の本拠地である韓国市場ですでに販売されている小型シティカーだが、ヒュンダイは現在キャスパー・エレクトリックを開発中で、このEVバージョンのみがヨーロッパに行くことになる。

このニュースはヒュンダイ・フランス代表ライオネル・フレンチ・キーオ氏からのものだ。同氏の見解では、キャスパー・エレクトリックは価格約2万ユーロのダチア・スプリングやシトロエンe-C3の両方と真っ向から競合することになるという。

スパイショット:ヒュンダイはダチアの春に挑むために今年キャスパーEVをヨーロッパに持ち込む
スパイショット:ヒュンダイはダチアの春に挑むために今年キャスパーEVをヨーロッパに持ち込む

キャスパーは、全長わずか 3,600 mm で、スプリングよりもさらに小さいですが、その SUV のような外観は、「より多用途性」と組み合わせて、より興味深い製品になるかもしれません。これは、より広い航続距離、そしておそらく(できれば)より多くのことを意味すると私たちは解釈しています力。今月初めの韓国の報道によると、LFPバッテリーを搭載し、航続距離は200キロから300キロになるという。

そしてフランスではエコボーナスの恩恵を受ける可能性もある。ヨーロッパ向けのモデルはEU内、具体的にはコナ・エレクトリックの製造地でもあるチェコ共和国で製造されるようだからだ。

現在、次期キャスパー・エレクトリックは日本でも偽装テストが行​​われており、日本でも発売されるが、少し遅れて2025年初頭に発売される予定だ。韓国で販売されているICEモデルと比較して、このEVは新しいデザインのより長いLEDヘッドライトを備えているようだ、グリルは閉じたパネルに置き換えられています。

スパイショット:ヒュンダイはダチアの春に挑むために今年キャスパーEVをヨーロッパに持ち込む

後部にも最小限の変更があり、ナンバープレートの左右にある丸い「コンテナ」内の LED の形状が変更されています。

スパイショット:ヒュンダイはダチアの春に挑むために今年キャスパーEVをヨーロッパに持ち込む

〜2万ユーロのEV市場がついに開かれつつあるようで、キャスパー・エレクトリックのようなシティカーはこの分野で切望されていた競争を提供し、ヨーロッパでのEV導入を次のレベルに引き上げる可能性がある。

2024-01-29 21:36