ステランティス、航続距離800kmのSTLA大型プラットフォームを発表

1 min read

ステランティスは本日、STLA ラージ プラットフォームを発表しました。これは、今年から 2026 年までに同社の膨大なブランドから 8 台の新型車を支えることになります。北米ではダッジとジープが先行して発売され、その後アルファ ロメオ、クライスラー、マセラティが続きます。

STLA ラージ プラットフォームは 400 ボルトと 800 ボルトの両方のアーキテクチャで利用可能になり、柔軟性を核として構築されています。これをベースにした車両の全長は4,765mmから5,126mm、全幅は1,897mmから2,029mm、ホイールベースは2,870mmから3,076mmとなる。

地上高についても同様の柔軟性があり、140 mm から最大 287 mm まで対応できます。 STLA Largeを使用する車両の最大タイヤ直径はなんと32インチです。

STLA Large には、最初は 85 kWh ~ 118 kWh のバッテリー パック オプションが含まれています。 800 ボルトのバッテリー パックは、1 分あたり最大 4.5 kWh で充電されます。このプラットフォームを使用する車両の最初の最大目標航続距離は 800 km です。

ステランティス、航続距離800kmのSTLA大型プラットフォームを発表

第一世代の推進コンポーネントは、0 ~ 100 km/h の加速を 2 秒の範囲で実現する可能性があります。前輪駆動、後輪駆動、全輪駆動がサポートされ、ステランティスによれば、新しいプラットフォームには「既存のヘルキャット V-8 のどれをも上回る極めて高いパワーを発揮する可能性がある」という。

新しいプラットフォームは、STLA Small、STLA Medium、STLA Frameと合わせて、ステランティスが今後数年間で電動化目標を達成できるようにする4つのプラットフォームのうちの1つとなる。これらはすべて、バッテリーセルの化学的性質、電気駆動モジュール、パワーインバーター、ソフトウェア制御の互換性を通じてライフサイクルを延長できるように設計および設計されています。

ステランティス、航続距離800kmのSTLA大型プラットフォームを発表

STLA Large は、ステランティスの次世代電気およびソフトウェア デファインド車両テクノロジである STLA Brain、STLA SmartCockpit、および STLA AutoDrive をサポートします。ステランティスは、2030年までに欧州で完全電気乗用車EVのみを販売し、米国でも乗用車と小型トラックEVの50%を販売するという目標を達成するために、今後10年間で電動化に500億ユーロを投資する。同じ年です。同社は今年末までに48台のEVをさまざまな市場で提供したいと考えている。

2024-01-20 00:06