オペル、フロンテラを電動SUVとして復活

1 min read

オペルは、90年代の象徴的なネームプレートをさらに復活させることを認めた。フロンテラは全電動SUVとして復活します。オペルもいくつかの画像を共有したが、現時点では詳細は不足している。同社は、全電気式フロンテラが「オペルの大胆で純粋なデザイン哲学の新たな堅牢な解釈を示す」と主張している。

本日公開された画像から判断すると、多くのプラスチッククラッディングとわずかに盛り上がったサスペンションを備えた角張ったボディワークになる可能性が高いでしょう。目を細めて見ると、新型フロンテラの横顔の中に、古いジープ グランドチェロキーのほんのわずかなヒントがあることがわかります。

オペル、フロンテラを電動SUVとして復活

Frontera は、Blitz として知られる新しいバージョンの会社ロゴを誇らしげに身に着けているブランドの最初の車両になります。ティーザー画像の 1 つで LED ヘッドライトとともにその様子を垣間見ることができます。オペルは、新しい電気フロンテラが十分なスペースを提供し、家族連れとアクティブなライフスタイルを持つ人々の両方にアピールできる多用途のインテリアを備えていることを約束しています。

初代オペル フロンテラは 1991 年にヨーロッパで発売され、7 年間生産され続けました。フロンテラ B として知られる 2 代目はそれほど長く続かず、2004 年に生産終了しました。ヨーロッパ以外では、この車両は 3 ドアのいすゞ MU、日本では 5 ドアの SUV として MU ウィザードとして知られていました。北米ではいすゞ・アミーゴとして知られ、短期間ホンダ・ジャズとして活動したこともありました。そう、ジャズはかつてはSUVでした。

オペル、フロンテラを電動SUVとして復活

2024年フロンテラに戻る – オペルは、新しい車両が今年後半に正式にリリースされることを約束しています。同社はステランティスエンポリアムの一部であるため、フロンテラはリリースされたばかりのSTLA大型EVプラットフォームをベースにする可能性があります。これは、多くのコンポーネントを新型ジープ ワゴニア S と共有することを意味しますが、従来型クロスランドよりもはるかに大型の車両となることを意味します。プレスリリースでは、オープンはフロンテラをクロスオーバーではなくSUVと呼んでいます。これは、ジープ・アベンジャーよりも大きな車両を検討していることを示唆しています。

フロンテラはオペルが初めて名前を付けたものではなく、プロトタイプが世間から大騒ぎになった後、同社は全電気式オペル・マンタを導入する予定だったが、この計画は今のところ保留されているようだ。今のところ、私たちは馴染みのある名前と、新しいEVプラットフォームのおかげでまともなパフォーマンスが約束されたファミリーサイズのSUVを楽しむ必要があります。

2024-01-24 22:14