このカップルはEVで注目すべきことを成し遂げました

1 min read

スコットランド出身のカップルが、世界初と思われる電気自動車(EV)での壮大なポール・ツー・ポール・ドライブを達成した。

クリスとジュリー・ラムジー夫妻は、10 か月前に 18,000 マイル (29,000 km) のサイクリングを始めました。野心的な目標を達成するために、二人は北米と南米の 17 ヶ国を横断し、最近南極点に到着しました。

彼らをそこに連れて行った日産アリヤ e-4ORCE EV は、困難な地形に対処できるように、より大きなタイヤを装着して改造されました。集中豪雨、強風、異常な気温も、車とそのカップルのペースを困難にしました。

お見逃しなく

実際、この壮大な旅は、EV を限界まで押し上げ、EV の導入を促進し、EV が二酸化炭素排出量の削減にどのように役立つかを実証することを目的としていました。

目的地に到着後、クリスは「ここが南極だなんて信じられない」とコメントし、さらに次のように付け加えた。「私は常に電気自動車の驚くべき機能に全幅の信頼を寄せており、私たちの日産アリアがあらゆることに挑戦できると分かっていました」それに投げつけられた。しかし、それは私が予想していたよりもはるかに厳しいものでした。」

ジュリーは「これまで出会った人々、できた友人、そして受けたサポートとともに、これは素晴らしい旅でした」と語った。

夫婦は途中、通常の充電ポイントを使って車両を充電した。設備が利用できない場合は、5kWの風力タービンやポータブルソーラーパネルを利用しました。

ラムジー夫妻がEVで運転に挑戦するのはこれが初めてではない。 2017 年、彼らは 10,500 マイル (17,000 km) の困難なモンゴル ラリーを初めて EV で完走しました。そのEV はたまたま自分たちの日産リーフでした。

モンゴルラリーに参加したことで、このような冒険がEVへの関心を高めるのにどのように役立つかを認識し、ポール・トゥ・ポールへの挑戦に注目したのです。

カップルはクリスマスに休暇を取ってから、次に何をするかを決める予定だ。それが何であれ、電気自動車が関与することは間違いありません。

2023-12-23 02:27